個人事業主 自営業 ガソリンカード

たかがガソリンカードと侮るなかれ、ガソリンカードのメリット個人事業主編

個人事業主・自営業でガソリンカードを持っているとこんなメリットが・・・をまとめてみました。

 

個人事業主の青色申告

57才、男性です。自営で仕事を始めて、4年が経ちました。

 

個人事業主と言えば、毎年の恒例行事と言いましょうか「青色申告」があります。

 

個人で、細々と営んでいますから、申告時には、プロの税理士さんにお願いするまでもなく、1年目から自分で申告書を作っております。パソコンで使用する青色申告用のソフトを購入して、毎年2月からは蒼い顔をしながら奮闘しています。

 

4年目ともなると、「どうにか」要領も掴むことが出来てきたという状況です。青色申告を手早く、正確に行うには、仕事で掛かった経費をきちんと整理しておくことが重要だと思います。

 

事業で掛かる経費の整理

経費の中の一つに、事業で使用する自動車のガソリン代があります。

 

私の場合は、自家用車として使用している車両と事業で使用する車両は、分けています。ですから、やりやすい面も多くあります。

 

事業で使用する車両のガソリンは、事務所の近くにあるガソリンスタンドの銘柄のガソリンカードを使っています。このガソリンカードは、事業用以外には使用していません。そうすることで、月々の請求明細をそのまま青色申告時に経費の明細として使用することが出来ます。

 

このカードを作る前には、ガソリンスタンドのレシートを保管しておいて、レシートごとに経理データをパソコンに入力していました。ガソリンカードを使用して給油するようになってからは、引き落としの月に、その金額合計を入力するだけですから、入力にかかる手間は比較になりません。

 

また、1年近くも経過すると、レシートを紛失してしまったり、自家用車か事業用かも不明になったりと、煩雑になります。

 

ガソリンカードの効率的な利用

以上のように、個人事業者は、ガソリンカードを上手に活用することで、経費扱いのガソリン代を正確に整理することが出来ると思います。

 

ただ、そうは言っても事業を始めたばかりであったり、規模が小さかったりするとなかなかクレジット審査が通らず、ガソリンカードを作れないと嘆いている人が多いのも事実です。

 

クレジット審査なしのガソリンカード

 

そんな人にこそ試していただきたいのがこちらのガソリンカードです。

 

 

 

「出光」か「ENEOS」を選ぶくこともできるし、年間費などの維持費も無料です。ただ、最初に1万円のデポジットを支払う必要がありますが、退会時には戻ってくるのでご安心を。

 

また、クレジット審査が無いのもこちらのガソリンカードの大きな特徴で、今まで審査が厳しくて通らなかった人でも比較的簡単に取得できるようです。

 

是非お試しください。