個人事業主 自営業 ガソリンカード

でももう独立してしまった・・・という人にオススメのガソリンカードの作り方は記事の末尾で紹介しています。

サラリーマンや公務員などを辞めて個人事業主になりますと、基本的に初年度などは収入証明が出来ないためクレジットカードやガソリンカードはほとんどの場合は作ることが出来なくなります。

 

このためもしガソリンカードなどが必要な場合はサラリーマンや公務員、もしくは親族などの被扶養者の身分であるうちに作成することをおすすめします。

 

私も以前に会社に所属していない時期にガソリンカードの取得を申し込んだのですがあっさり却下されました。

 

このため現在個人事業主として仕事をしていますが、サラリーマン時代に予備も含めてカードを作成しました。

 

この予備を含めてというのもポイントで、カード会社は提携しているガソリンスタンドや石油メーカーとの関係が切れるとカード自体の更新を出来ないようにしてしまいます、そして新しいカード作成を案内してきます。

 

カード作成時は身分を証明できるので問題ないのですが、個人事業主になってすぐなどにいきなりカード会社の都合でカードが使用できなくなり、しかも新しいカードは作れなくなりますので非常に困ったことになります。

 

ETCカードも同様に使用出来なくなるため、高速道路利用時に割引き料金で利用することが出来なくなってしまいます。

 

メインのカードの他に適宜1枚か2枚カードを作っておくと安心です。

 

個人事業主に対してその役務が支払われるのは月末であったり、場合によっては翌月になったりしますので、カードが無いと常に現金が必要となりしかも割高な料金になることもしばしばです。

 

私が使っているガソリンカードもそうですが利用料金に応じた特典として翌月のガソリン代が値引きになります。

 

現金で支払うとこの特典も利用できません。カードは事前に用意しましょう。

 

すでに独立してしまった・・・という人にはこちらのガソリンカードがオススメです!